• 輪島塗・販売/輪島塗オンラインショップ美器穂留都(みきほるつ)
  • 輪島塗オンラインショップ美器穂留都(みきほるつ)-輪島塗の専門ショップサイト-
本 ウェブ サ イ ト 掲 載 の 輪 島 塗 に つ い て
本ウェブサイトでは、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」(=伝産法)にある輪島塗の要件を満たした商品を 『輪島塗』 と記載し、掲載・販売しております。さらに「輪島塗」として掲載された商品は、加飾を含め124工程あるとも言われる 輪島塗の伝統技術に忠実に作られています。伝産法 〔通商産業省告示第172号(昭和50年5月10日)の内容〕 の詳細は⇒ 輪島塗とは
  • 輪島塗オンラインショップ美器穂留都(みきほるつ)
  • 営業日時=輪島塗オンラインショップ美器穂留都(みきほるつ)
  • 本ウェブサイト掲載の輪島塗について

輪島塗・漆 器 の修 理

~ な お し も ん ~

修理に出された漆器を
輪島のことばで「なおしもん」といいます。

お椀など小型漆器の修理、申し込み方法座卓など大型家具の修理、申し込み方法

漆器の修理とは

  • 輪島塗は傷がついたり、傷んだりしても、修理をして使い続けることが出来ます。
  • 大抵の修理は、上塗りを研ぎはがし、傷んだところを直して上塗りをやりなおすということをしています。
  • つまり、製造工程をさかのぼってやりなおし、塗りなおして修理するのです。
  • 輪島塗は、製造工程毎にしっかり作られているので、工程をさかのぼって、作り直すことが可能なのです。

修理が必要な場合とは

  • 漆器が割れた場合。⇒ 接合して修理が可能です。
  • 傷がついて中の木の部分が見えている場合。⇒ 傷から中の木水や水分がしみ込んでさらに漆器を痛めますので、修理が必要です。
  • 傷が木の部分に達していない場合でも、傷が小さいうちに直し、見栄えをよくするために修理をします。

    ***********

  • 「なおしもん」は、もともと料亭や料理屋のためになされました。
  • 料亭や料理屋では、お椀などの漆器を何度も使って傷むことがあり、消耗が激しいからです。直して使うことによって、新品を買い換えることもなく、経費が節約されました。
  • 個人で日常に使用する場合、丁寧にお使いいただければ、輪島塗は一生使うことの出来る漆器です。
  • 個人での使用の場合、「消耗」というほどにはなりませんので、過って落としてひびが入ったり、キズがついた場合に直すことがほとんどです。

なおしもんは3回まで

  • 修理して使えるからといって、何度も修理をして使い続けることができるというわけでもありません。修理は3回までが限度です。
  • 修理することで漆器が丈夫になるというものでもありません。
  • 少しくらいのキズや傷みは、修理することで見た目が”新品同様”にはなりますが、「新品は新品」「修理品は修理品」とお考え頂くのが無難です。

  • なおしもんで漆器をリフォーム?・・・こんなことが可能です。

    • 修理して塗り直す際に、本朱だったモノを溜塗りにするなど、元の色とは別の色に塗りなおすことができます。
    • キズのついた無地のお盆を塗りなおして、沈金で絵柄を入れることが出来ます。元のキズの跡が残ってしまう場合など、絵柄を入れることで、キズの跡を目立たなくさせることが出来ます。
    • キズのついた座卓を乾漆仕上げにして、キズを目立たなくさせることも出来ます。
    • 修理後にどのようにするかは、元通りの復元にとらわれず、多少の自由性があります。

    お椀など小型漆器の修理、申し込み方法座卓など大型家具の修理、申し込み方法


    桜の挿絵

  • サイト紹介
  • 輪島塗について

輪島塗について

  • お問い合わせフォーム
  • お客様の声
* * * * *

* * * * *
  • 輪島塗の特注・オーダーメイド・セミオーダー
  • 名入れ(蒔絵)
  • 輪島塗・漆器の修理 (なおしもん)

商品一覧

贈り物・テーマ別で探す

ご予算で探す

* * * * *
  • 輪島塗の特注・オーダーメイド・セミオーダー
  • 名入れ(蒔絵)
  • 輪島塗・漆器の修理 (なおしもん)
美器穂留都(みきほるつ)のブログ/ブログ:輪島塗の風景
営業カレンダー

簡単カレンダー
簡単カレンダー


    ・・・定休日

■ 定休日 : 土曜・日曜・祝日・お盆・年末年始

■ 営業時間 : 10:00~17:00

※ メールとFAX:24時間受付 お返事は営業日になります


商品チェック履歴
  • 最近チェックした商品はありません。

SHOP INFORMATION