輪島塗は修理して何度でも使えます。

画像

先日、お客様から、「割烹料理店や高級ホテルで取り扱われるというその良さは何ですか」という旨の問い合わせをいただきました。
料理店での使用でなくても、輪島塗は日常に使う汁椀も、何度でも修理し直して使い続けることが出来ます。
昨今、料理店やホテルでの使用はそれほど多くないと思いますが、お客様のご質問には次のようにお答えいたしました。(「輪島塗の良さ」についての説明から始めています。)
■ 輪島塗の良さについて
輪島塗の特徴を簡潔に言い表すのに「堅牢かつ優美」という言葉がよく使われます。
つまり、漆器として大変丈夫(堅牢)であり、かつ、美術的にも優れているということを、表しております。
輪島塗が丈夫であるのは、通常「輪島の地の粉」の使用と「布着せ」がされていることが理由に挙げられますが、そのほか、下地から中塗り、上塗りまで、何度も「塗り」⇒「乾かし」⇒「研ぎ」が等が繰り返されて丁寧に塗り上げられていくことなど、製造の各工程の技術が大変しっかりしていることにあります。
加飾も合わせて、「輪島塗124工程」と言われるように、
製造には数多くの工程があります。
実際、汁椀など、食器を毎日使用していると、
大変しっかりした漆器であることが実感できます。
輪島塗が優美であるのは、上述した通り、塗りの技術がしっかりしている結果、塗り自体が非常にきれいであることに加え、沈金や蒔絵といった輪島塗における加飾の技術が優れているからです。
勿論、加飾の意匠によっては個人的に好みがあるでしょうが、ご覧頂ければ(できれば数多くご覧頂ければ)、美しさ、技術の高さは実感できます。
近年、職人さんの数が減ってきてきているようですが、輪島塗は、上述の水準の高い技術を、多くの職人さんによって、まもられてきたと言えます。
■ 割烹料理店等で良く使われることについて
料理店が輪島塗を使うメリットとしては、良質の漆器である「堅牢優美な輪島塗を使う」ということの他に、輪島塗を修理すれば、また新品同様の外観になって使用できるところにあると思います。
料理店などでは、使い回しが激しいので、堅牢な輪島塗を丁寧に扱っていても、傷んできたりします。落として、ヒビが入ることもあると思います。
が、輪島塗は、下地がしっかりしているので、よほどひどい扱いをしなければ、何度でも修理して使い続けることが可能です。
漆器が傷んでも新しく購入せず、修理をすることで使い続けられるので、経費を節約できます。
いいものを修理して何度でも使うことができる。この点が、重宝される理由ではないかと考えます。
もっとも、最近では輪島塗をそのように修理して長く使ってくださる割烹料理店も以前に比べて、かなり減ってきていると聞いております。具体的な数字など、詳細は分かりませんが激減しているのではないでしょうか。
****************
以上のように、お答えしました。
不注意で落としてちょっとヒビが入ったり、欠けたりしても、修理して何度でも使える輪島塗の食器はエコ食器とも言えます。
▼ 輪島塗の修理についてはこちら↓↓↓
https://www.wajimanuri.jp/shuuri
▼ 輪島塗の取り扱い注意はこちら↓↓↓
https://www.wajimanuri.jp/about/toriatukai

****************
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇輪島塗のギフト・贈り物◇◇◇
還暦祝いの輪島塗漆器内祝い・引き出物の輪島塗漆器
結婚祝いの輪島塗漆器輪島塗漆器の贈り物・ギフト
輪島塗漆器の法事引き出物・香典返し

輪島塗の風景

投稿者: 輪島塗の風景

大阪で、輪島塗専門のショップサイトを運営しています。// 運営ショップ:『輪島塗オンラインショップ美器穂留都』 『輪島塗セレクトショップ美器穂留都(ヤフー店)』

「輪島塗は修理して何度でも使えます。」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。