猛暑が去って・・・・

ようやく猛暑が去って、どこかに秋の気配を感じてほっとしているこの頃です。

輪島では、もう、すすきの開花宣言があったとか・・・。
大阪は、まだそこまでは・・・・やっぱりこちらは暑いです。

この夏は、熱中症対策グッズ?をいくつか買いました。

■家庭用かき氷器アイスロボ。ずいぶん涼しませてくれました。
そろそろ、しまおうかな・・・。

家庭かき氷器アイスロボ

■携帯型熱中症計

携帯型熱中症計

これは、温度と湿度がわかるので、冬でも使えそうです。

■ネッククーラー (写真なしです。)

今年のような猛暑には、冷房をきかせた部屋の中で使用して、丁度いいくらいだったのでは。。。

一年半振りにブログを書きました。

ねぶた温泉 ”能登の庄” 〔輪島塗の器編〕 -輪島塗の旅 2006 -


美味しい海の幸が輪島塗の器に載って出てくるという地元の知人の紹介でねぶた温泉”能登の庄”へ行きました。

お食事が輪島塗の器に盛られて出てきます。

夕食は、うわさどおりの贅沢さ。
梅酒の食前酒に始まり、神馬胡麻豆腐、赤西貝の先附け、手綱寿司、アスパラとくこの実のゆべし胡麻和え等盛りだくさんの前菜、小吸い物、御造里四種盛り、あわびのお刺身・・・と続きます。

都会では、鮮度のいいこれだけの食材をふんだんに頂くのはなかなかだと思います。
やはり、その土地のものをその土地でいただくのは格別です。

輪島塗の器ですが、蓋の上に「雪」の文字、蓋を開けて裏返すと「月と花」の蒔絵があるものや、そのほか唐子椀などもありましたが、無地のものが多く使われていました。

無地の輪島塗の器を手に、改めて輪島塗の”塗り”の美しさを、その上に盛られて映える食材の新鮮さとともに味わうことができました。

特に朱の色の美しさには、華やぐものがあります。
これまで、黒の塗りに惹かれていた私にとっては、ちょっとした”開眼”でした。
(写真は、朝食を写したものです。撮影日7月21日)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇輪島塗のギフト・贈り物◇◇◇
初節句の輪島塗還暦祝いの輪島塗結婚祝いの輪島塗
内祝い・引き出物の輪島塗家紋の輪島塗輪島塗の法事・粗供養
お正月の輪島塗クリスマスの輪島塗輪島塗の贈り物・ギフト

トラックバックの練習

みんな?がしているブログを、私もしてみようと開設したものの、今ひとつブログのことがよくわからないまま、数ヶ月が過ぎてしまった。

これではいけないと、”ブログ塾”へ参加。

ブログ塾では塾生のためにと、練習用に”塾用ブログ”↓を作ってくれた。
http://blog.livedoor.jp/bizblog1/archives/50063263.html#trackback

「ともかく実際にやってみなさい!」ということで、初日の宿題は塾用ブログに「トラックバックすること」。
がんばろう!!
写真:アッツサクラ (・・・という名前だったと思います。)