普段使いから結婚祝い・還暦祝い・引き出物・内祝い・贈り物・香典返しまで、 確かな輪島塗をオンラインで輪島よりお届けいたします。
輪島塗オンラインショップ
輪島塗オンラインショップ 美器穂留都
ホームSALON 漆の色

漆 の 色

漆の色は、樹から採取したときの色のままではありません。
漆樹から採取した漆を精製したり、水酸化鉄や顔料を混ぜて色を変化させて使っています。

漆樹から採取した漆液から、大まかに不純物をろ過したものが生漆です。
黒の漆=黒漆は、この生漆に水酸化鉄を混ぜて作ったものです。
朱や緑や白などの色は色漆といって、精製した生漆に顔料を加えたものを使います。


≪ 漆 の 色 の 概 略 図 ≫
漆樹から採取した


 
                                (大まかな不純物を取り除いただけ)

 生漆 (きうるし) 

    @ 接着に使われる。
    A 漆器の光沢を出す呂色仕上げに使われる。
     (精製)   (精製の過程で鉄を混ぜて黒くする)

  朱合漆 (しゅあいうるし)

 生漆を精製したもの。あめ色の半透明。
 
 黒漆 (くろうるし) 

 昔は生漆に鉄粉を混ぜ、一晩置いて黒くし、
 布でこして鉄粉を捨てていました。

 現在は、水酸化鉄(液体)を混ぜて作っています。 
           (顔料を混ぜる)    
 
 色漆 (いろうるし)    

 半透明な朱合漆に顔料を混ぜると色漆になります。

  ※ 実際の漆の色は、顔料の種類や量、天候や季節などの条件によって、多様に変わってきます。
  ※ 漆は時間が経つと透明度が増し、色漆の色はさえてきます。
  ※ 使っているうちに、つやも出てきて来ます。まったく同じ色の再現は難しいという事情があります。
  ※ 下記の○であらわした色はあくまでイメージです。


   本朱 (ほんしゅ)  古代朱ともいう。やや黒っぽい赤。重厚感がある。
                  格式の高さを表現。

   洗朱 (あらいしゅ) いわゆる”朱”です。本朱から洗朱が作られる。
                  赤みの強い朱(赤口)から、赤みの少ない淡口、黄味の強い朱(黄口
                  ≒オレンジ色、柿色)まで、色の幅が広い。

   うるみ (うるみ)  朱合漆に赤口の顔料を入れたり、赤口漆に黒漆を加えたもの。
                  黒味を帯びた朱色。

   紅柄 (べんがら) インドのベンガルの土の色からその名がつきました。茶色のような朱。
                  紅柄漆の塗膜の強さには定評がある。酸化第二鉄を使用。

   白 (しろ)     真っ白というのではなく、ベージュ、もしくは茶白色。
                 時間がたつと、漆が透けてきて白味が増してきます。チタン白を使用。

   緑 (みどり)   
Blog 『 漆の色 =使っているうちに漆器の色は変わります= 』 はこちら

 COMMUNI-
    CATION
お問い合せ先
メールでのお問い合わせ
TEL&FAX
06−6152−0160